まるとしかくについて

©marutoshikaku.

心と身体を豊かにする場所を目指して

まるとしかくは

滋賀県湖南市の旧東海道の「石部宿」にある

カフェ・ギャラリー、イベントスペース、一日一組の宿。

築五十年の古民家を家族と友人たちで改修。

できるだけ自然な素材を使い、環境にも人にも優しい空間をつくりました。

食・アート・ワークショップなどを通じて、

「わたしたちのこれから」をみんなで考え、実験していく基地。

かつて旅人を受け入れて来たこの場所で、また多くの人たちが集い、

交流が生まれるきっかけとなることを願って。

はじめまして、近藤家です

父・洋平、母・モモコ、娘・空(くう)の三人で

2018年に滋賀に移り住んできました。

とにかくアートのことしか頭にない父・洋平と

自身のシックハウスやアレルギーを通じて心地良いものを追求する母・モモコ

人が大好きでほんとうによく食べる娘・くう

そんなバラバラな三人ですが

けんかしながらも、毎日一緒にごはんを食べて、一緒に眠る

そんな当たり前のことができることに感謝して

今日もまるとしかくで、みなさんに逢えるのを楽しみに待っています。

こだわり

漆喰

すべてのお部屋に漆喰を施しました。トイレ、キッチン、お風呂に至るまで。

EM活性液、さまざまな鉱物を溶かし込んだカッパ水配合、

Cosmic hempの伊香賀さんに調合していただいたスペシャル漆喰です。

一階は中山恵美賀さんが「あわうた」を唄いながら大切に育てた真菰を、スサの代わりに混ぜ込みました。

炭たち

漆喰の下地には麻炭か真菰炭が゙隠れています。

一階と二階の和室にはさらにスペシャルなサークルも◎

一階 窓側:真菰炭の壁と床下サークル

   庭側:麻炭の壁と床下サークル

二階 窓側:麻炭の壁と天井と床下サークル

   奥側:麻炭の壁と天井、麻炭・真菰炭・竹炭の床下サークル

この炭たちももちろん Cosmic hempのもの。

真菰炭は中山恵美賀さんからいただいたのもを、伊香賀さんが炭にしてくださいました。

麻炭については、こちらをご覧ください。 →Cosmic hemp

裏の裏まで自然な素材を使った本畳。

できるかぎり麻と綿の縫い糸を使い、生成りの綿の縁を選びました。

こんな畳を使っているお部屋は、いまでは茶室くらいしかないそう。

畳については、こちらをご覧ください。 →和室屋 いはん

アクセス

〒520-3107  滋賀県湖南市石部東 8 - 1 - 1   → google map

(電車)JR草津線「石部駅」から徒歩20分 / タクシー5分

(車:東京方面から)名神高速「竜王IC」から 20分

(車:大阪方面から)名神高速「栗東湖南IC」から 10分

 

駐車場

2台分  店舗から徒歩2分   → google map